a0002_000245_m.jpg

HOME > 建物設備の保守管理 > 02_清掃管理業務

清掃管理業務

清掃管理業務

建物・施設・店舗内外の日常清掃、定期清掃、高所やピット内などの特殊清掃を含む清掃作業全般
ドライシステムによるストアクレンリネスのご提案~実行 

dotclear.gif オフィスビルや商業ビル、病院などの"きれい"をキープし、クリーンな環境づくりに取り組んでいます。
 ビルの建材・床材を考慮した作業方法や管理計画を立案し高度な技術を誇るスペシャリストが最新鋭のマシンを駆使し、スピーディに清掃業務を行います。
 維持管理については、資格を持った品質管理インスペクターにより厳しいチェックを実施し常に清潔で美しいスペース創造に努めています。また、高度な精密さを求められるクリーンルームの滅菌・除菌清掃にも特別なノウハウを保持しています。
 そして!お客様のご要望やビルの稼働時間などに合わせて柔軟に対応いたしてまいります。
 また、どのようなプランにも対応致しますので、お気軽にお任せ下さい。

日常清掃・定期清掃

 日常清掃は、ビルや施設でお客様に心地よく働いていただくため、またエンドユーザーのお客様をお迎えするための環境を整えることです。美観を維持し、衛生環境を日々適切に保ちます。
 当社教育プログラムで十分な訓練を受けたスタッフが、まさにお客様の施設の一員としての意識を持ち、きめ細かく心配りのあるサービスをご提供いたします。
 定期清掃は、日常清掃ではカバーしきれない特殊な汚れや床面ワックス保守、高所作業などを行います。
 臨時清掃(スポット清掃)は、長年の汚れの堆積した箇所をきれいにし、突発的な清掃のご要望にもお答えします。美観と衛生管理の専門チームが最適の維持管理をいたします。

受水槽清掃・ろ過循環装置清掃

 ビルやマンションなど高い建物では、水道管を通って送られてきた水道水をいったん受水槽にためて、加圧ポンプ等で直接、または高架水槽を経由して各ご家庭へ送るようになっています。この受水槽と高架水槽を合わせた設備を貯水槽といいます。ビル衛生管理法により設置者が1年以内ごとに1回定期に清掃を行う事となっています。 この、貯水槽の清掃が適正に行われていないと、飲用水の汚染の原因となります。

ガラス清掃

 つねに雨や紫外線、埃などに曝されているビル外壁は、年月とともに色褪せた印象となってしまいます。またガラスサッシの表面は、黒ずんでみえ、うろこ状の模様や虹色がかった汚れが浮き出てきて美観を損ねます。定期的なビル外壁やガラスサッシの清掃は、美しい外観を維持するうえで必須です。また当社では、ゴンドラや特殊クレーンによって確実なクリーンアップを実現します。

フィルター清掃・グリーストラップなど各種

 「グリストラップ(阻集器)」は、厨房からの排水に含まれている油や残飯を一時的に溜めておく装置です。食事を提供する飲食店・学校給食・病院・社員食堂・老人ホーム・食品加工場などへの設置が義務づけられています。また、グリーストラップ槽に溜まった油・残飯は産業廃棄物として扱われ、事業主の責任において適切な処理をすることも義務づけられています。毎日グリーストラップ槽を掃除すれば、悪臭もなく清潔ですが、ほとんどの事業所では徹底できていないのが現状です。

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|

milk_btn_next.png